2020年5月7日木曜日

ベトナム戦争

読み方:ベトナムせんそう
英語:Vietnam War

ベトナム戦争とは

ベトナム戦争とは、南北ベトナムの統治をめぐる戦争のこと。南ベトナムはアメリカ合衆国、北ベトナムはソビエト社会主義共和国連邦(ソ連)の支援を受けていたため、実質、米ソを始めとする資本主義陣営と社会主義陣営の代理戦争ともいえる。べトナム戦争は1955年に始まり、勝敗が決まったのは1975年の4月30日である。南ベトナムのサイゴン陥落を受け、北ベトナムの勝利が決定した。20年もの間続いた戦争の結果、ベトナムを始めとする世界各国から、数百万人もの死者が出た。

南北ベトナムの建国

1945年に、第二次世界大戦が終結した。当時、ベトナム一帯は日本軍によって占領されていた。しかし、敗戦を受け日本軍は撤退した。これを受けて、1945年にホー・チ・ミンのもと、北ベトナムにベトナム民主共和国が建国された。しかし、ベトナム全土がスムーズに統一されたというわけではない。1955年には、ゴ・ディン・ジエムがベトナム南部にベトナム共和国を建国した。以降、ベトナムは南北に分かれ、統治をめぐってを争うことなる。なお、当時の南部には反政府活動を支持する人々が多数存在していた。1960年に、北部のベトナム民主共和国は、南部をベトナム共和国の支配から解放することを表明し、「南ベトナム解放民族戦線」を結成した。

アメリカ軍による戦争介入

1961年になると、当時のアメリカ大統領ケネディが、南ベトナムに援軍を派遣。当初アメリカは積極的に戦争に関与していなかった。しかし、状況が大きく変わったのは、1964年のトンキン湾事件である。北ベトナムがアメリカ軍の艦隊に魚雷攻撃をしかけたことで、アメリカ軍の戦争介入は本格的なものとなったのだ。当時の南部には南ベトナム解放民族戦線のゲリラ軍が潜んでおり、アメリカ軍との戦いは熾烈を極めていた。そこで、ゲリラ軍に対して有利になるべく、アメリカ軍が取った策が枯葉剤の散布だ。枯葉剤を使う目的は、森林を絶やしてゲリラ軍を見つけやすくするとともに、彼らの生活を支える農作物を枯らすことでもあった。枯葉剤は1961 年から10年程にわたり散布されたが、ゲリラ軍だけではなく、アメリカ軍やベトナム民間人への健康にも著しく影響を与えることとなった。

サンゴン陥落

1964年に、ソ連が北ベトナムへの軍事支援を表明し、北部の軍事力は増強されることとなる。加えて、1965年にアメリカは北ベトナムへの空爆を開始。このように、資本主義勢力と社会主義勢力のバックアップのもと、戦争は激化していった。しかし、メディアが活発に戦地の様子を世界に発信したことで、反戦をもとめる声はしだいに高まっていく。そして、1973年のパリ協定により、ついにアメリカ軍はベトナムから撤退を決めた。南ベトナム軍の勢いは弱まり、1975年にはついにサイゴンが陥落。戦争は終結した。

ベトナム社会主義共和国の誕生

ベトナム戦争は、南北ベトナムの争いという枠を超え、世界の資本主義・社会主義陣営の戦いであった。巨額の資本が投入され、負傷者、死者ともに歴史的な人数となった。戦争終結後も、トラウマを抱えて日常生活に戻れなかった人もいる。戦争終結後、1976年にベトナム民主共和国はベトナム社会主義共和国に名を変えた。アメリカとの国交正常化を経て、ASEANにも加盟。経済成長も著しい。なお、ベトナムは国民の半数が30歳未満。労働力に期待をした世界各国が、ベトナムへの事業展開を検討している。

ベトナム戦争で浮き彫りとなった問題の1つに、枯葉剤のような化学兵器の恐ろしさが挙げられる。枯葉剤には、毒性の強いダイオキシンなどが含まれ、植物だけではなく生物に多大な影響を及ぼす。当時、枯葉剤に曝露したとされるベトナム人は数多い。しかも、土壌に残留する汚染物質の影響で、戦争が集結してから時間がたっても、いまだに、先天性の異常を抱えて生まれる子どもも少なくない。ベトナムを含め各国が協力し、土壌の浄化作業にあたっていく必要がある。2019年から浄化能力の試験が行われ、土壌を洗浄したのちに熱処理をすることで、汚染物質が高確率で分解されることがわかっている。そして、2020年には、土壌の浄化作業がスタートすることになっている。