2017年7月18日火曜日

のり弁

読み方:のりべん
別名:ノリ弁

いわゆる海苔弁当の異表記、または、政界などにおいて情報公開された文書のうち多くの箇所が黒く塗りつぶされ非公開の状態にされている文書の通称。

政治用語としての「のり弁」は、政治の不透明さを象徴する語としてしばしば取り上げられている。「黒塗りの」と形容されることもある。地域政党「都民ファーストの会」は基本政策の綱領として掲げた14項目のうち第2番目において「のり弁をやめる」旨を宣言している。




都民ファーストの会

読み方:とみんファーストの会
別名:都民ファ
別名:都ファ
別名:都民F
別名:都民ファーストの会 東京都議団

小池百合子・第20代東京都知事を中心に創設された地域政党。小池百合子の政治塾を母体として2016年9月に結成され、翌2017年1月に正式に政党として発足した。東京都議会の古い体制の改革などを主な理念に掲げている。

東京都議会においては都民ファーストの会は「都民」あるいは「都」とも略される。

都民ファーストの会という名称は小池百合子が東京都知事選挙で掲げた公約に由来しており、会そのものも小池百合子の支援する性格が色濃い。「小池新党」と通称されることもある。2017年5月時点で都議会の定員126名のうち5議席を占める。小池都知事の動向とともに世間の注目を集めている。

関連サイト:
都民ファーストの会

アリューシャン列島

読み方:アリューシャンれっとう
別名:アリューシャン
英語:Aleutian Islands

太平洋の北側に連なる島々の総称。報道などでは「アリューシャン」と略されることも多い。

アリューシャン列島は、北アメリカ大陸とユーラシア大陸の両端からぶら下がったような弧を描いて、東西に連なる島々である。大半はアメリカのアラスカ州の領地となっている。

アリューシャン列島は環太平洋造山帯の北部に位置する火山列島として知られる。付近では比較的規模の大きな地震がたびたび発生している。

2011年6月23日、現地時間18時(日本時間では0時)頃、アリューシャン列島のフォックス諸島付近を震源とするマグニチュード7クラスの地震が発生した。2014年6月にはマグニチュード8.0と推定される地震が発生してアラスカ州沿岸に津波警報が発令されている。2017年7月半ばにはマグニチュード7.8と推定される規模の地震が発生したと報じられている。

2017年7月4日火曜日

シビックテック「civic tech」

英語:civic tech

地域住人(市民)が、ITの技術などを活用して、地域の課題・諸問題の解決・改善に臨む、という取り組みのこと。シビック(civic)は英語で「市民の」という意味の語。

シビックテックの具体的な取り組みとして、民間のITエンジニアと自治体組織によるアプリケーションやWebサービスの協働開発などが見られる。これらの取り組みは、民間が認識している地域問題を行政側と共有したり、その直接的な解決策を考案する場として効果が見込まれている。

地域の枠を超えて、各地のシビックテックから生まれた技術やシステム、育成された技術者を共有する動きもみられる。2013年に設立された一般社団法人 Code for Japan では、民間企業の従業員を各自治体の職員として派遣するなどして、国内のシビックテックの醸成を促進している。

2017年7月3日月曜日

退位特例法

読み方:たいいとくれいほう

125代天皇の生前退位を認める特例法。皇室典範第4条の規定の特例として、2017年6月9日に成立した。

退位特例法の施行日より、125代天皇は退位し、皇嗣が天皇に即位する。退位特例法によって退位した天皇は上皇とされ、その皇后は上皇后となる。また、退位特例法によって生前退位が認められるのは、125代天皇に関してのみである。以降の生前退位については、その時々の状態に応じて法律を整備し、生前退位に向けた準備を行う。これは、生前退位の恒久化による恣意的・強制的な退位が実現し、日本国憲法第4条に明記された「天皇の権能と権能行使の委任」に抵触することを防ぐためとされている。

退位特例法の施行は、同法の成立より3年以内(2020年6月まで)に行われる。

シンデレラ角度

読み方:シンデレラかくど

自分の写真を撮る際、小顔に写るために取られる顔面の角度。特に証明写真の撮影に有効で、印象の良い写真写りを実現できるとされる。

シンデレラ角度では、額をカメラに対して前に出す。これによって顎が写真上で引かれているように見え、二重顎なども写らず、小顔に写ることができる。小顔に写る効果を、ヨーロッパ民話の主人公「シンデレラ」がストーリー中で美しい姿へ変わることへなぞらえ、シンデレラ角度と呼ばれる。

ヒアリ

別名:火蟻
別名:アカヒアリ

南米中部原産のアリの一種。ヒアリは毒針を持ち、人間が刺されると火傷のような激しい痛みを生じさせる。また、この毒針からの毒は非常に強く、個人によっては強いアレルギー反応(アナフィラキシーショック)によって死に至ることもある。

日本では外来生物法によって、ヒアリは「特定外来生物」に登録されている。この登録によってヒアリの飼養、栽培、保管、運搬、輸入は規制されているが、2017年5月に日本でも兵庫県で複数の個体が確認された。近隣国の中国・台湾での生息が定着しているため、貨物コンテナなどを経由した日本への侵入が警戒されている。

准公園

読み方:じゅんこうえん

国土交通省が2017年度から導入する公園の形態。民営公園の運営費を国が一部負担して、空地の活用を図るための制度。

准公園として認定された民営公園は、遊具設置などに必要な運営費の最大3分の2が公費によって補助される。また、准公園を運営する民間団体に土地を無償で貸与する地権者は、固定資産税や都市計画税の軽減が適用される可能性がある。

都市部の荒れ地や耕作放棄地が准公園として利用されることにより、公園不足の解消と空地の有効活用が期待される。

2017年6月22日木曜日

未利用魚

読み方:みりようぎょ
別名:マイナー魚

漁獲される魚のうち、充分な水揚げ量や標準規格を満たせないなどの理由で、
食品としての利用が進んでこなかった魚のこと。

水産物市場の一部では、未利用魚に食品としての価値を持たせようとする動きもあり、
加工研究や個人向けの販売を促進している。

未利用魚の食品としての利用は、従来低価格でしか取引されなかった未利用魚に付加価値をつける。このため、漁船の燃油価格高騰や魚価安による漁業関係者への影響を緩和することが期待される。

そうざい半製品

読み方:そうざいはんせいひん

食肉、魚介類又は野菜類などを加工、調理、成型したもののうち、凍結されておらず、食べられる前に適切な加熱調理を必要とするもの。

そうざい半製品は、その製造と販売について、厚生労働省が定める「弁当及びそうざいの衛生規範」に衛生管理の基準が該当する。ただし、製品としての加工状態は生肉と同様の段階であるため、生肉を原材料に用いたそうざい半製品は食中毒の原因となる細菌を含んでいる可能性がある。このため、生肉を含んだそうざい半製品を製品の中心までよく加熱せず、食中毒にかかる消費者が見られる。

そうざい半製品の加熱調理の必要時間は各製品ごとに異なるが、一般的には75度以上で1分以上の加熱、ノロウィルスへの対策として85度以上で90秒以上の加熱が推奨されている。