2017年11月23日木曜日

オウムアムア

英語:Oumuamua

2017年10月頃に地球への接近が観測された、太陽系外から飛来した天体の通称。太陽系の外側から来た天体としては史上初めて観測された天体である。「恒星間天体」「恒星間小惑星」(Interstellar Asteroid)とも呼ばれる。

オウムアムアという呼び名はハワイ語で「偵察者」を意味する語に由来する。ハワイ語としては語頭にアポストロフィを付けた「ʻOumuamua」の表記が正しい。

オウムアムアは長さ数百400メートル、幅数十メートルの、葉巻のような形状をしていると見られている。天体を構成する主な物質は岩石や金属であるという。

オウムアムアは秒速数十キロメートル(時速十数万キロメートル)の速度で太陽系内を通過、水星の公転軌道の内側まで到達して太陽の重力に引っ張られる形で進路を曲げ、それから太陽系の外側に向かい始めた。

オウムアムアの規模・形状・材質はどことなく宇宙船を思わせ、進路(航路)も太陽あるいは太陽系の重力を利用した進路変更(スイングバイ)に見えなくもない。ネット上では一般ユーザーが「太陽系外の文明が地球を偵察しに来たのだ」とか「いや恒星間飛行のため立ち寄ったのだ」と言って妄想をたくましくしている。

関連サイト:
'Oumuamua: Interstellar Asteroid ― NASA
A brief visit from a red and extremely elongated interstellar asteroid ― Nature

2017年11月22日水曜日

TPP11

TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)の当初の参加国12ヵ国のうち米国を除く11ヵ国で改めて協定を取りまとめようとする構想、および、その協定の枠組み。

TPPはもともと米国を含む12ヵ国で構成される協定の枠組みだったが、米国は2017年初頭にドナルド・トランプ政権発足まもなくTPPへの離脱を表明した。当初の枠組みでは12ヵ国が揃わなければ協定が発効できないため、枠組みを部分的に見直して「TPP11」へと改め、11ヵ国でも発行できる形に調整された。

TPP11には日本も参加している。

TPP11の協議はそれなりに進展しているとも言い得るが、依然として難航しているとも表現し得る。2017年半ばにはニュージーランドで政権が交替し、協議の流れに水を差すような方針転換も見られている。


2017年11月21日火曜日

テロ支援国家

読み方:テロしえんこっか
別名:テロ支援国
英語:State Sponsors of Terrorism

テロ組織を国家ぐるみで秘密裏に支援しているものと見なされる国へ向けて用いられる呼称。もっぱら米国が適用している概念。

テロ支援国家は、アメリカが他国を名指しで非難する声明でもあり、禁輸措置をはじめとする各種の規制・経済制裁の対象となるブラックリストでもある。

テロ支援国家は1979年に米国国務省によって指定された。当初の指定国はリビア、イラク、南イエメン、およびシリアである。後にイラン、キューバ、スーダン、北朝鮮が追加されている。

1990年代から2000年代にかけて、リビア、南イエメン、イラク、北朝鮮に対するテロ支援国家の指定が解除された。2015年にはキューバも指定が解除されている。

2017年には、いったんテロ支援国家の指定が解除された北朝鮮について、再びテロ支援国家に指定する意向が表明されている。

2017年11月20日月曜日

スラップ訴訟

読み方:スラップそしょう
別名:恫喝訴訟
別名:恫喝的訴訟
別名:スラップ裁判
別名:威圧訴訟
別名:スラップ
英語:Strategic Lawsuit Against Public Participation
英語:SLAPP

ある程度の発言力や社会的影響力のある、社会的に優位といえる立場の者が、特に発言力や影響力を持たない相対的弱者を相手取り訴訟を起こすこと。強者が弱者に対して訴訟をしかけることで、半ば社会的な恫喝あるいは報復として機能する。

スラップ訴訟は、たとえば個人と企業との間の対立において企業が個人を提訴するという形で行われる。個人は企業が孕む問題を告発する情報を発信し、企業側はこれを名誉毀損として提訴する、という構図が典型といえる。訴えられた個人の側は訴訟に対応するために個人では対応しきれないような金銭的・時間的な負担が強いられる。世論は企業側に好意的な見解を寄せやすい。結果として告発者を疲弊させる嫌がらせ効果に結びつく。

電気飛行機

別名:電動飛行機
別名:電動航空機
別名:電気航空機

電気エネルギーを動力とする航空機の通称。2017年現在、将来の実用化に向けた研究開発の取り組みが本格化しつつある。

機体の基本設計は従来と同様で、動力源を液体燃料から電池に、エンジンをモーターに置き換えた構造が想定されている。従来型の航空機と比べて騒音および振動が格段に抑えられ、動力まわりのメンテナンスが容易になる。化石燃料を燃焼しない方式となるため直接的には二酸化炭素を排出しない上、燃料の取り扱いも従来よりははるかに容易になる。

いわゆるソーラープレーンも、太陽電池を利用するモーター式の航空機という意味で電気飛行機に該当するが、2017年現在「電気飛行機」と言って念頭に置かれる対象は旅客機である。小型の機体ほど実現しやすいため、当初はタクシー代わりに利用でいる小型機や、数名から十数名程度を乗せて都市間を移動するコミューター機の形で実用化されるものと期待される。騒音が極力抑えられるという電気飛行機の特徴もコミューター機レベルの用途と相性がよい。

2017年にはイギリスのEasyjetが、10年内をめどに電気飛行機を旅客機として実用化し運用する計画を発表している。


チバニアン

別名:千葉時代
別名:千葉の時代
英語:Chibanian

地質学的区分における中期更新世、約77万年前~12万6千年前の時代区分の名称候補として2017年11月に内定した呼称。同月時点では確定したわけではないが、地質年代の名称としては初となる日本の地名由来の国際標準名になるものとして期待と共に報じられている。

チバニアンと呼ばれる約77万年前の地質年代は、地球の南北の磁場(地磁気)が逆転した時期であり、地球史上最後に地磁気が逆転した時代とされている。同時代を示す地質学的な国際標準模式地(GSSP)として、千葉県市原市の地層と、イタリアの地層が候補に挙った。市原市の地層がGSSPとして選定されれば、国内初のGSSPとなる。同時に「チバニアン」の名称が正式に採用される公算が極めて濃厚となる。

チバニアンの名称が国際標準名として正式に決定されるか否かは、国際地質科学連合(IUGS)における発表を待つことになるが、発表時期は2017年11月時点では特に公表されていない。2018年の初旬から半ば頃になるものと目されている。

関連サイト:
千葉県市原市の地層を地質時代の国際標準として申請 認定されれば地質時代のひとつが「チバニアン」に ― 大学共同利用機関法人情報・システム研究機構 国立極地研究所

あおり運転

読み方:あおりうんてん
別名:煽り運転
別名:アオリ運転

車道の前方を走行する車に対して、速度を上げさせたり道を譲らせたりする目的で行われる、威嚇的・挑発的な運転の総称。

あおり運転は、走行速度が遅い(と煽る側には感じられた)前方車両に「もっと速度を出せ」と促したり、「追い越させろ」と促したり、前方に割り込まれたことに腹を立て苛立紛れに嫌がらせをしたり、といった目的で行われることが多い。煽りの手段としては、異常に近接したり、必要がない状況で警笛(クラクション)を鳴らしたり、ヘッドライトをハイビームで灯火したりといった形を取ることが多い。執拗に追跡する(追い回す)といった嫌がらせや、いったん追い越してから行く手を阻んで相手の車を停めさせ、運転手を降車させた上で暴力を振るうような場合もある。

あおり運転をされた側は、心理的圧迫感から運転に焦りが生じ、安全運転の維持が脅かされやすい。あおり運転を行う者は往々にして法定速度を大幅に超過して走行するような無法者であり、何をされるか分からないという不安にも駆られることになる。あおり運転は危険だと注意したり諭したりすると逆ギレされかねない。

あおり運転はいわゆる「自動車運転死傷行為処罰法」に基づき処罰の対象となる。

あおり運転が絡むいざこざは、全国で多く発生している。2017年に報じられただけでも、高速道路の追い越し車線で停車させて追突事故(死亡事故)に巻き込ませる、相手の車を停めて車を殴って壊す、相手を殴る、相手を撥ねる、といった事例が報じられている。

2017年11月10日金曜日

けものフレンズ

別名:けもフレ
英語:Kemono Friends

野生動物を擬人化したキャラクターが活躍する動物園「ジャパリパーク」の世界を描いたメディアミックス作品の総称。マンガ、アニメ、ゲーム、グッズ等が展開されている。「けもフレ」の通称も広く認知されている。

けものフレンズのキャラクターのコンセプトデザインは吉崎観音が手がけており、元ネタである動物の意匠が取り入れられた美少女キャラクターとして描かれている。ネコ科の野生動物をモチーフとする「サーバル」が一連の作品群を代表するキャラクターといえる。

けものフレンズは、モバイルアプリとして初めてメディア化され、その後マンガやアニメとしても製作・配信された。けものフレンズは厳密な意味における「原作」を持たないプロジェクトであり、各作品はコンセプト、世界観、基本設定こそ共通しているものの、それ以外の分部は作品ごとの解釈に負う部分が大きい。版権を所有している株式会社KADOKAWAは二次創作や三次創作にも寛容な姿勢を示している。

けものフレンズは2017年1月から放送開始されたアニメなども人気を博し、作中に登場する「フレンズ」や「すごーい!」といった独特の表現も人口に膾炙した。東武動物公園では、けものフレンズに登場するペンギンのキャラクターであるフルルの描かれたパネルをフンボルトペンギンのグレープ君が飽かず見つめ続ける姿も話題を呼んだ。

「けものフレンズ」は2017年ユーキャン新語・流行語大賞のノミネート語にも選ばれている。

関連サイト:
けものフレンズプロジェクト 公式サイト

10秒の壁

読み方:じゅうびょうのかべ

陸上競技の男子短距離種目100メートル走において9秒台を記録することの困難さを表す表現。

2017年9月9日、日本学生対校選手権男子100mの決勝戦において、東洋大学の桐生祥秀選手が日本人選手として初めて9.98秒を記録した。10秒の壁は1968年にアメリカのジム・ハインズ選手によって初めて破られた。桐生選手の以前には、世界で120名弱が9秒台の記録を出している。

GINZA SIX

読み方:ギンザシックス

東京都中央区銀座6丁目に位置する複合商業施設の名称。2014年4月に着工され、2017年4月20日に開業した。地下6階、地上13階の大型施設である。

株式会社大丸松坂屋百貨店、森ビル株式会社、L キャタルトン リアルエステート、住友商事株式会社の4社が共同出資して設立したGINZA SIXリテールマネジメント株式会社によって運営されている。

GINZA SIXは、デベロッパーと土地の権利者が提携して公益性の高い再開発ビルを建てる第一種市街地再開発事業として建築された。このため、GINZA SIXは大規模な屋上庭園やオフィススペース、文化交流施設などを有し、複数の都市機能を備えた建築物となっている。