2019年7月5日金曜日

大気質指数

大気質指数とは、主に米国などで導入されている、大気汚染の状況・度合いを測る指標のことである。

【大気質指数の語源】
大気質指数は、英語ではAir Quality Index、略して「AQI」という。「大気質指数」はAQIの訳語と捉えられる。「大気質指数」の他に「空気質指数」とも訳される。

【大気質指数の説明】
大気質指数は、大気中に含まれている(大気汚染の要因となる)微粒子の量とその危険度を指数として示す。観測対象の微粒子は、主に排気ガスなどに由来し、ヒトの肺や気管に害をもたらす可能性の高い、「PM2.5」と呼ばれる微粒子である。

大気質指数では、大気汚染の程度は「0」~「500」の指数と、6段階の「危険度レベル」によって湿される。指数100を超えると大気汚染の状態に該当し、以降段階的に有害度危険度の程度が増す。

・0~50:Good(良好)
・51~100:Moderate(穏やか)
・101~150:Unhealthy for Sensitive Groups(敏感な人にとっては健康に有害)
・151~200:Unhealthy(有害)
・201~300:Very Unhealthy(かなり有害)
・300~500:Hazardous(危機的)

【大気質指数の種類】
アメリカ以外にも、同国の大気質指数のような大気汚染の程度を示す指標を導入している国は多々ある。ただしその指標は必ずしも細部までアメリカの大気質指数と同じというわけではなく、国によって基準が(名称も)微妙に異なる。

・カナダ:AQHI(Air Quality Health Index)
・イギリス:DQHI(Daily Air Quality Index)
・EU:CAQI(Common Air Quality Index)

中国では2011まで「大気汚染指数」と呼ばれる独自の指標を採用しており、2012年からは「大気質指数」(AQI)を導入している。中国のAQIはPM2.5の他にPM10(直径の比較的大きな微粒子)なども計測している。

2010年代前半から半ばにかけて、中国の北京をはじめとする大都市圏で大気汚染が進行・深刻化していることが世界的な注目を集めた。北京にある在中米国大使館では、敷地内における計測結果を(米国基準の)大気質指数の形で公表しており、これが特に注目された。同問題が特に大きく取り沙汰された2013年1月、新華社通信などが報じたところでは、同月に観測された北京市内の大気質指数は一時500を超え、一時755を記録した日もあったという。

その後、中国当局も大気汚染問題への対応を強化しており、2019年6月現在では大気汚染指数は往事と比べてかなり低い数値に止まっている。

Air Quality Monitor ― U.S. Embassy & Consulates in China
https://china.usembassy-china.org.cn/embassy-consulates/beijing/air-quality-monitor/

2019年6月28日金曜日

LGBT

読み方:エルジービーティー
別名:Lesbian, Gay, Bisexual, Transgender

旧来の典型的な「男と女」の枠組みに当てはまらない性同一性(ジェンダーアイデンティティ)を有する人々の総称。LGBTの「L」はLesbian(女性同性愛者)、「G」はGay(男性同性愛者)、「B」は Bisexual(両性愛者)、「T」は Transgender(トランスジェンダー)の頭文字である。

LGBTは当事者たちが使用し始めた語であり、多種多様な性(ジェンダー)の在り方に対する積極的・肯定的な思想を根底に持つ語であるといえる。いわゆる「性的マイノリティ」の意味合いでLGBTの語が扱われることもあるが、LGBTの語そのものに少数派か多数派かという観点は含まれない。

LGBTの前3者(LGB)は性愛・性的指向に着眼した区分であり、Tは心身の性自認の齟齬に着眼した区分である。そのため文脈によってはTを含めず「LGB」というで語を用いる場合もある。

また、LGBTのいずれにも該当しないジェンダーアイデンティティを含めて「LGBTQ」あるいは「LGBTQA」のような語に拡張される場合もある。「Q」はQueer(クィア)またはQuestioning(クエスチョニング)の頭文字であり、「A」はAsexual(無性愛)の頭文字である。

LGBTという語は2006年にカナダで採択・発表された「モントリオール宣言」(The Declaration of Montreal)に端を発するとされる。以降、国連なども「LGBT」の語を公的に用いるようになっている。2010年代には一般社会の中でもLGBTを肯定的に受け入れようとする空気が醸成されつつあり、欧米では同性婚を法的に認めた国や州も増えている。ウェブ上の大手SNSがアカウント登録時の性別に「男性」「女性」だけでなく「その他」の項目を設けた例もある。

米国の調査会社ギャラップ(Gallup)の調査によると、全アメリカの成人におけるLGBTの割合は2017年の調査時点で4.5%だった。なお2012年の調査では3.5%、2013年に3.6%、2014年に3.7%、2015年に3.9%、2016年には4.1%だった。

関連サイト:
In U.S., Estimate of LGBT Population Rises to 4.5% ― Gallup MAY 22, 2018(PDF)
https://news.gallup.com/poll/234863/estimate-lgbt-population-rises.aspx

ブレグジット

別名:ブレクジット
別名:ブリグジット
英語:Brexit

イギリスが欧州連合(EU)から離脱すること。および、そのイギリスのEU脱退にまつわる諸問題のこと。

ブレグジット(Brexit)という言葉は、Brit(ain)(英国)と、exit(退出・離脱)を組み合わせて作られた造語(カバン語)である。2012年頃、債務危機に陥ったギリシアがEUを離脱する可能性が生じ、これが「Grexit」(グレグジット)と表現された。ブレグジットはこれをもじった言い方といえる。

ブレグジットは2015年、当時イギリスの首相であったデヴィッド・キャメロンが、イギリス国民に欧州連合離脱の是非を問う国民投票を実施すると公言したことに端を発する。果たして2016年月に国民投票は実施された。投票結果は離脱派と残留派で拮抗したが、離脱を支持する票が全体の約52%を得て辛勝し、ブレグジットが行われることが決まった。

国民投票によってブレグジットの実施が決定して以降、イギリス世論は離脱に反対する声や国民投票の取り消し・再実施を求める声が続出し、紛糾する事態となった。しかし離脱に反対する声があっても国政そのものは離脱の準備を進めていくことになる。

EUは、加盟国各国が経済的障壁を取り払い、単一市場として、ひとつの経済圏を共有している。イギリスはEUからの離脱に伴い欧州市場から距離を置くことになる。もしEU市場と何らの調整もせず(決別するような形で)EUを離脱した場合、関税その他を含む経済的打撃は甚大なものとなり得る。何の調整も経ない状態でのブレグジットは「ハードブレグジット」と呼ばれ、EU市場との関係は絶たれる(諸外国のひとつに戻る)ことになる。EU市場とのつながりを維持した状態で折り合いを付けたブレグジットは「ソフトブレグジット」と呼ばれる。しかし2019年初頭の段階ではソフトブレグジットの実現に向けたEUと英国との折衝は折り合いを付ける目処が立っていない。

2019年5月21日火曜日

平成

日本で西暦1989年1月8日から2019年4月30日までの期間に用いられた元号。「昭和」の次。1989年1月7日に昭和天皇が崩御、これを受けて当時皇太子でいらした明仁親王が翌8日に即位し、同日「平成」へ改元されることとなった。

2016年、在位中の陛下が退位(譲位)の意向を公にされ、翌2017年には陛下が2019年に退位されることが正式に閣議決定した。天皇が崩御によらず存命中に退位した先例は約200年ほど前の江戸時代まで遡る。異例ではあるが、前代未聞というわけではない。マスコミの多くは一連の動向を「生前退位」という呼称を用いて報じた。

元号は伝統的に漢籍(漢文で書かれた古代中国の古典文書)に由来する字句が用いられている。「平成」の字は、「史記」(五帝本紀)に見える「内平外成」ならびに「書経」(大禹謨)の「地平天成」という記述に由来するとされる。地平かに天成る、内平かに外成る。いずれにしても平和の成就への願いが込められた名であることが窺える。

なお「平成」を英語で記述する場合は Heisei era あるいは Heisei period のような表現がおおむね妥当といえる。「平成29年」なら 29th year of the Heisei period (in the Japanese calendar) のように表現しうる。むろん大抵の場面では西暦に換算して表記する方が適切といえる。

元号は原則的に既存の地名や固有名と重複しないよう細心の注意のもと選定される。ただし平成の場合は「平成」と書いて「へなり」と読む地名があった。

元号が「平成」と決まり、発表され、平成の世を迎えてからは、新元号「平成」にちなんだ名称も登場し(「平成駅」「平成小学校」「平成国際大学」「平成天才バカボン」「平成狸合戦ぽんぽこ」等々)、1990年代や2000年代を「平成の時代」という意味で「平成の怪物」「平成ゴジラ」という風に修飾語的に用いられることも多々あった。

2019年4月1日月曜日

トランスジェンダー

別名:transgender

身体上の性別と自己の性自認が一致しない、性同一性に齟齬を抱えている人を指す意味で用いられる語。典型的には「体は男で心は女」あるいは「体は女で心は男」という内面的境遇の人がトランスジェンダーであるといえる。性自認が男女どちらか一方に帰属する場合に限らず、中間的、流動的、超越的な性自認を抱いている人もトランスジェンダーに該当する。

身体的・解剖学的な性別と自己の性認識とが一致している人は、トランスジェンダーに対して「シスジェンダー」と呼ばれる。

トランスジェンダーの「ジェンダー」(gender)は、「性」を意味する英語表現であるが、もともとは文法における「性」を指す語であり、身体的な雌雄(sex)よりも、むしろ「社会的・文化的な意味・役割としての性別」を指す意味合いが強い。つまり「男たるもの」とか「女はかくあるべし」という風に背負わされる内面的性である。ちなみに「トランス」(trans-)は「向こう側へ」「超えて行く」という意味合いで用いられる英語の接頭辞である(恍惚・トランス状態のtranceではない)。

トランスジェンダーと「性同一性障害」は、自己の心身の性が食い違うという点において共通しているが、同義ではない。性同一障害は、心身の性別の不一致ないしは乖離に強い違和感を抱き、身体を性自認と一致させる(いわゆる性転換)を望む、精神障害の一種と位置づけられる状況である。トランスジェンダーは性自認に対する齟齬・不一致を感じている状況を広く包含する。性同一性障害もトランスジェンダーに包含され得る。


近年、欧米を中心に、トランスジェンダーを理解し受容するための社会制度の変革が進みつつある。日本では2003年に「性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律」が成立し翌年に施行された。同法により、性同一性障害を抱えており特定条件を満たす者は戸籍上の性別記載の変更が認められるようになった。同法は文脈によっては「特例法」と略される場合が多い。

令和

読み方:れいわ
英語:Reiwa
英語:Reiwa era

「平成」に代わる元号。2019年(平成30年)4月1日に閣議決定され、同日公表された。5月1日午前0時に、皇位が継承され皇太子徳仁親王が天皇へ即位すると同時に、元号も正式に「平成」から「令和」へ切り替わる。

「令和」は4月1日午前に正式に決定した。同日朝に新元号に関する懇談会が開かれ、衆参両院の議長および副議長の意見聴取と、全閣僚における協議の上、閣議決定に至った。ただちに宮内庁長官が天皇陛下の御許へ参上して陛下へ新元号を伝え、そして首相官邸において菅義偉官房長官が記者会見を開き、報道陣を通じて新元号を「令和」とする旨を発表、令和の2字が認められた書を掲げた。正午から安倍晋三内閣総理大臣が記者会見室で談話を発表した。

新元号「令和」の典拠は「万葉集」である。万葉集に収載されている梅の花の歌32首の序文にある、「初春の令月にして、気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫す」というくだりからの引用であるという。

---------------------

● 初春の令月にして(しょしゅんのれいげつにして)
― 初春の、世にもめでたげな月が見える。

● 気淑く風和ぎ(きよくかぜやわぎ)
― 空気も快く、風も穏やかである。

● 梅は鏡前の粉を披き(うめはきょうぜんのこをひらき)
― 梅の花は、鏡の前で白粉(おしろい)をめかすように咲き、

●蘭は珮後の香を薫す(らんははいごのこうをかおらす)
― 蘭は身にまとった香のように薫っている。

---------------------

「令月」は良い月、めでたい月という意味の語である。「令嬢」「令兄」「令名」「令望」などの語に同種の意味合いの用法がある。「令」の字が過去に元号に用いられたことはなく、「令和」が初の事例となる。

「和」は協調、協力、調和、平和の意味合いのある語である。飛鳥時代の「和銅」を筆頭に、承和・仁和・応和・安和・寛和・長和・康和・養和・正和・弘和・貞和・文和・永和・元和、天和、明和、享和、そして平成の手前の「昭和」と、元号としては定番といえるほど多く用いられてきた字である。

「令和」は、典拠に基づき解釈すれば「素晴らしき、協調性に富んだ(時代)」といった意味合いと受け止められる。また、「令」の字は漢語としては「命じる」「させる」という字義もある。漢文としては「令和」は「協調・調和させてゆく」という意味合いとも読める。

元号はこれまで漢籍(中国古典)を典拠としてきた。日本の古典を典拠とする元号は「令和」が初である。なお、皇位継承に先立って元号を公表・周知する段取りも憲政史上初となる。

2019年3月22日金曜日

エコファー

人工素材を用い、動物の毛皮を模して作られた布地。元々は「偽物の毛皮」を意味する「フェイクファー」という名称が用いられていた。フェイクファーが持つ「偽物」というネガティブなイメージを払拭し、動物や環境を保護する意味合いを強調するという意図で、環境保全を意味する「エコ」という名称が使用され始めた。

ガトーインビジブル

別名:gateau invisible

りんごやいちごなどの果物を薄切りにし、重ねて焼いたケーキ。フランス語でケーキを意味する「ガトー」と目に見えないものを表す「インビジブル」を合わせた言葉。ケーキを切ると、中に入った具材が断層のように見えるが、出来立ての状態だと、中の具材が生地と一体化し、見えなくなったようになることが由来とされる。

AirDrop痴漢

読み方:エアドロップちかん
別名:airdrop痴漢
別名:エアドロップ痴漢

iOSの「AirDrop」を悪用した痴漢行為の総称。Airdropは、Apple社のスマートフォンやパソコン同士なら、無線でデータが共有できるサービスのこと。手軽に画像を共有できるメリットがあるが、電車や街中などの混雑した場所では画像の送信元が特定できないため、無作為に猥褻な画像や不快の画像を送りつける行為に悪用されるようになった。対策としては、AirDropを受け取る設定をオフにするか、連絡先を共有している者同士だけに設定することが挙げられる。

フォンダンウォーター

ドライフルーツとハーブを入れた飲料水や炭酸水のこと。韓国語で、何かが水に落ちた時の音を表した言葉の「フォンダン(pongdang)」と水を意味する「ウォーター」を合わせた言葉。韓国のSNSをきっかけに流行し始め、専用のボトルや果物をセットにした「フォンダンウォーターキット」も発売されている。