2020年2月13日木曜日

インフルエンサー

英語:influencer

インフルエンサーとは、SNSなどを通じて情報発信し、それによって多くのフォロワーに影響を与えている人物を指す言葉です。インフルエンサーは、流行・トレンドの発信源として多大な影響力を持っており、企業のマーケティング戦略においても重要視されています。

インフルエンサーの語源


インフルエンサーは、英語の influence(影響を及ぼす)に、「~する人」という意味の接尾辞 -er を足して、「影響を及ぼす人」という意味合いを示す言葉です。ちなみに、英語の influence には名詞と動詞の用法がありますが、接尾辞 -er は名詞・動詞どちらの品詞にも結合します。

influence の語源はラテン語の influere に遡ります。根源には「中に流れ込む」という意味合いがあります。さながら奔流のように多くのモノやヒトを巻き込んでいくようなイメージで捉えてよいでしょう。

「インフルエンサー」と「インフルエンザ」の関係


なお、いわゆる流行性感冒・インフルエンザ(influenza)は、もともとは influence と同語源のイタリア語です。外来語としてのイタリア語表記が、流行性感冒を意味する固有名詞的な単語として、英語の中で定着したというわけです。

インフルエンサーとは具体的に何を指すのですか


インフルエンサーと呼ばれる人の大半は、インスタグラム(Instagram)をはじめとするウェブ上のソーシャルメディア(いわゆるSNS)上で、インフルエンサーとして活動しています。

インスタの他にもツイッター(Twitter)、フェイスブック(Facebook)、ユーチューブ(YouTube)、ティックトック(TikTok)、それにアメブロ(AmebaBlog)その他のブログメディアなどが、インフルエンサーの活動・情報発信の場として活用されています。どのサービスも、一般消費者が情報発信を行え場(すなわちソーシャルメディア)である、という点において共通しています。

インフルエンサーは「インスタグラマー」や「ユーチューバー」とは何が違うのですか


ソーシャルメディア上で多大な人気を獲得しているアカウントは、各サービス名に -er を加えて「インスタグラマー」や「ユーチューバー」などのように呼ばれることも多々あります。こうした呼び名の先駆といえば「ブロガー」でしょう。

「インフルエンサー」と「インスタグラマー」等の呼び名が指す対象は、実際のところ重複する部分がかなりあります。

「インフルエンサー」と「インスタグラマー」の違いは、前者(インフルエンサー)がマーケティング的な観点に基づく言葉であり、後者(インスタグラマー)は当該サービスにおける立ち位置という観点に着眼した言葉である、といえるでしょう。

インフルエンサーの具体例を教えてください。例えば誰がインフルエンサーですか


よく知られたインフルエンサーの名前を挙げるとすれば、たとえば国内ではタレントでインスタグラマーの渡辺直美、ユーチューバーのヒカキン(Hikakin)などが筆頭に挙げられるでしょう。海外では歌手のアリアナ・グランデ、同じく歌手のテイラー・スイフト、ジャスティン・ビーバー、サッカー選手のネイマールやクリスティアーノ・ロナウドなどが世界的なインフルエンサー(およびインスタグラマー)として知られています。

インフルエンサーは「多くの人に影響を与える」ための前提として「多くの人に向けて情報を発信する」という条件が必要不可欠です。つまり自分の投稿を目にしてくれるフォロワー(YouTubeならチャンネル登録者)の数が多くなければ話になりません。そのため、インフルエンサーとして活動する前から名前や顔が知られている有名人(たとえば芸能人・芸人・タレント・歌手・俳優・スポーツ選手・文化人など)は、SNSにアカウントを開設する前にファンが居たりするわけで、インフルエンサーとして立身する条件としては一般人よりよほど有利といえます。

とはいえ、あらかじめ名前が世に知られている人物でなければインフルエンサーにはなれない、というわけでは全くありません。魅力的な情報の地道に発信し続けてファンを増やしていき、無名の一般人と同じ条件からインフルエンサーとして名を馳せるに至ったインフルエンサーも大勢います。(ヒカキンはその代表例でしょう)

そして、マーケティング戦略という観点から捉えた場合には、むしろ芸能人やスポーツ選手といった名声のある人物よりも、比較的小規模ながら純粋にインフルエンサーとして世に知られている人物の方が、かえって重視されることが多々あります。なぜかというと、より一般ユーザー(一般消費者)に近い立ち位置の「中小インスタグラマー」の方が、自社商品のプロモーション活動に一役買ってもらえる可能性が高いためです。

どうすればインフルエンサーになれますか


インフルエンサーとして世に認められ活躍する(あわよくば儲ける)ために必要なことは、「多くの人を感化させる魅力的なコンテンツを世に発信する」ということに尽きます。

セオリー(定石)は皆無、と割り切りましょう。もしセオリーがあったとしても、それがセオリーとして確立される頃には既に陳腐化しており、有効な手法ではなくなっているに違いありません。

できるだけユニークな(独自の)発想・観点で、親しみやすく、共感を得られるような、しかも斬新な、人々の心をグッとつかむような事を、発信する必要があります。こんな抽象的な、ほとんど言わずもがなの課題を、実際どう具体化すればよいのか? それは誰にも教えられません。ただ自分なりの方法を見つけた人がインフルエンサーとして成功を収めているという事実があるのみです。

なお、インフルエンサーのSNS上の活動は、少なくともSNSの利用方法は、基本的には、インフルエンサーでない一般のSNSユーザーと同じです。事業として「インフルエンサー業」に取り組んでいるという人もいるでしょうけど、多くは本業の傍ら全く無関係に、または本業の一環・副産物として、活動していると考えてよいでしょう。

そういう(本業が他にある)人も、肩書きとして「インフルエンサー」を名乗っている場合はあるかもしれません。しかし「インフルエンサー」は一種の称号のようなものであり、自ら名乗るようなものではありません。

2020年2月6日木曜日

ダイバーシティ

英語:diversity
別名:ダイバシティ
別名:ダイバシティー
別名:ダイバーシティー

ダイバーシティとは

ダイバーシティ(英:diversity)とは、ビジネス・経営・人事といった話題において「雇用する人材の《多様性》を確保する」という概念や指針を指す意味で用いられる語です。ダイバーシティは、単に「多様性」と訳されることも多々あります。

「ダイバーシティ」の考え方の土台には、個人の多様性――たとえば民族・文化・価値観・ライフスタイルなどのような――個性の違いを積極的に肯定・尊重し、人材として組織の中に受け入れることで、偏見や差別の意識に囚われずに、平等に均等に、雇用機会や待遇を提供する、という理念があります。また、そうした《マイノリティへの配慮》という社会的な意義に留まらず、組織内に多種多様な意見・見解・視点を持つ人材がおり、各人が適材適所で実力を発揮することで、柔軟な創造的な企業活動の実現が期待できる、という実利的な意義も見出されます。この社会的な意義と実利的な意義の両側面において、「ダイバーシティ」は現代の企業経営において看過できない重要な指針と位置づけられ、推進されています。

この「ダイバーシティ」の概念は、欧米(英語圏)では一般的に「Diversity and Inclusion」(D&I)という呼び名で扱われています。その意味では「ダイバーシティ」は「ダイバーシティ・アンド・インクルージョン」の略とも捉えられます。

「ダイバーシティ」と「インクルージョン」の意味と違い

「ダイバーシティ」という言葉そのものは、英語の名詞「diversity」をカタカナ書きした外来語表現です。この diversity は、diverse(様々な / 諸々の) という形容詞に接尾辞 ‐ity が付いて抽象名詞化された語彙です。単語だけ和訳する場合は大抵「多様性」と訳されますが、熟語としては「a diversity of languages(さまざまな言語)」とか「a diversity of opinion(多種多様な見解)」のように色々な表現に訳せます。

同じく「インクルージョン」は英語の名詞「inclusion」に由来する外来語であり、おおむね「包含-すること」と訳されます。inclusion は動詞 include(含む)に接尾辞がついた抽象名詞です。

「Diversity and Inclusion」を素朴に直訳するなら、「多様性と包含」といったところでしょうか。 

「ダイバーシティ」と「インクルージョン」の違いは、着眼点が「多種多様であること」に留まる(ダイバーシティ)か、それを踏まえて「多種多様な個性が(同じ組織に)含まれている」(インクルージョン)ことまで見越すか、という点にあると言えるでしょう。「インクルージョン」は「ダイバーシティ」を前提しつつ人材の活用にも目を向けている考え方であり、その意味でダイバーシティに取って代わる概念です。とはいえ「ダイバーシティ」の概念を前提しないと意味不明でもあります。そして、日本語における「ダイバーシティ」は、ダイバーシティとインクルージョンの両方の要素を兼ねた概念として扱われています。

ダイバーシティ経営とは

ダイバーシティ経営とは、簡単にいうと「多様な人材が適材適所で能力を発揮することにより創造的な成果につなげていく」ということであり、つまり「ダイバーシティの考え方を理想的に実現する経営」ということです。

日本では経済産業省が「少子高齢化社会における人材確保」と「多様化する市場ニーズやリスクへの対応力の強化」という観点から「ダイバーシティ」および「ダイバーシティ経営」の充実に力を入れています。

欧米のダイバーシティ(D&I)は、人種・民族・宗教の違いによるマイノリティ排除の是正が大きな使命となっていますが、日本では人種・民族・宗教の違いによるマイノリティ排除という問題はさほど大きくなく、むしろ性別・年齢・学歴・国籍といった要素が是正対象として主に扱われます。性的指向(いわゆるLGBT)も大きな要素ではあります。

2020年1月25日土曜日

リツイート

英語: retweet
別名:RT

リツイートとは、ソーシャル・ネットワーキング・サービスの1つであるツイッター(Twitter)において、他者もしくは自分の投稿を再度投稿する機能のことである。リツイートという語は、英語で「つぶやき」を意味する動詞・名詞tweetに、「再び」を意味する接頭辞re-が付いたもので、ツイッター上ではRTと省略した形で表記されることもある。

通常、リツイートはある投稿の内容をそのまま再投稿して他者に広めるが、自分の意見や感想などを書き足して再投稿することも可能であり、こうしたリツイートの方法は「引用リツイート」と呼ばれる。リツイートは何度再投稿された場合でももともとの投稿者は変わらないが、引用リツイートはコメントを書き足した投稿者のものとみなされる。

リツイートは、ツイッターのタイムライン上のリツイートボタンを押し、リツイートまたは引用リツイートのいずれかを選んで行う。リツイートは手軽にできることから、多くの人が「興味深い」「共感できる」と感じたツイートが爆発的に広まって注目を集める(バズる)ことがよくある。

リツイートは簡単にできるために素早く多くの人に広めることが可能であるが、ときに誤った情報が広められてしまうこともある。そのため、リツイートをする前にはその情報が正しいかどうかをできるだけ確認することが推奨される。

ワークアウト

英語:workout

ワークアウトとは、基本的には「練習」「トレーニング」「運動」を意味する英語表現であり、身体機能を高めるための運動、またアメリカの総合電機メーカーであるGE(ゼネラル・エレクトリック)が業務改善や問題解決のための手法・取り組みのことである。

GEの業務改善運動としてのワークアウトは、当時のGEの会長兼CEOであったジョン・フランシス・ジャック・ウェルチ・ジュニア(John Francis Jack Welch Jr.)によって制度化され、1980年代末から全社をあげて導入・実施された。

ワークアウトは一般的に2~3日に渡って開催されることが多いが、短時間で済ませることもあり、この短時間のワークアウトは「エクスプレス・ワークアウト」と呼ばれる。ワークアウトの具体的な進め方は、まず話し合うべき課題を選び、その課題に対し決定が委ねられるリーダーを任命することから始まる。その後、課題に取り組むメンバーをさまざまな階層から選出してチームを作成、課題に対する解決策をチームで考え、リーダーに提案し全員で話し合う。話し合いを経て、最終的に出された解決策を実行するかしないかをその場でリーダーが決定する。

例文:

  • 来週、社内でワークアウトを行う予定だ。
  • ワークアウトの結果、社風を変えることに成功した。

スタートアップ

英語:startup

スタートアップとは、「起こす」や「行動を開始する」を意味する英語、startupをカタカナで表した語である。

スタートアップ(またはスタートアップ企業)という語は、日本のビジネスシーンにおいては、まだ誰も取り組んだことがない新しいビジネスを一から開始し急成長している事業や企業を指すことが多い。また、スタートアップの特徴として、ただ目新しいというだけでなく社会に価値をもたらすことを目的とする事業内容であることも挙げられる。

スタートアップの類語としては「ベンチャー(英: venture)」が挙げられる。日本では「ベンチャー」のほうがよく使われる傾向にあるが、英語のventureの本来の意味は「投資家」「投資を行う企業」であり、日本語のベンチャー(またはベンチャー企業)とは意味が異なるため、和製英語に該当する。スタートアップが社会貢献を目的とする新しい事業を行う企業を指すのに対し、ベンチャーは広く一般に創業から数年の中小企業を指す。また、多くのスタートアップが短期間での成功を目指すのに対し、ベンチャーは中長期的な経営を目指すという点でも異なる。ただし、日本ではスタートアップとベンチャーの区別があまり明確にされないことも多い。

例文:

  • 友人に誘われ、スタートアップへの転職を決意する。
  • 下の階に新しく越してきた会社は、スタートアップ企業だそうだ。

「スタートアップ支援」は、「スタートアップを支援する」という意味であり、スタートアップ企業に投資を行い、経営をサポートすることである。

エグゼクティブ

英語:executive

エグゼクティブとは、企業の運営管理に直接携わる上級管理職や企業幹部のことである。英語のexecutiveは、「実行力がある」「行政的な」「執行部の」といった意味を表す形容詞・名詞である。エグゼクティブという語は、ときにエグゼクティヴ、または省略してエグゼと表記されることもある。

エグゼクティブという語は一般的に使われてはいるが、明確な定義が定められているわけではない。エグゼクティブは英語のexecutiveの意味から派生し、管理職や役員などを指すが、どの階級以上がエグゼクティブであるとは明言できない。一般的には、経営に積極的に携わっている最高経営責任者や最高執行責任者などを指すことが多い。

エグゼクティブの類語として、「重役」「常務取締役」「役員」などが挙げられる。日本の会社法においては、「役員」は厳密には取締役・会計参与・監査役を指すが、エグゼクティブという語には明確な定義が存在しないため、役員、重役、常務取締役に就くすべての人たちを指すものとして「エグゼクティブ」が用いられる場合もあると考えられる。

例文:

  • 新プロジェクトを進めるかどうかはエグゼクティブの意見を求める必要がある。
  • このビジネス書はエグゼクティブ向きだ。

「エグゼクティブオフィサー」は、会社の幹部や役員のことである。語頭に「チーフ」が付くと、最高経営責任者を表す「チーフエグゼクティブオフィサー(英: chief executive officer; CEO)」となる。

「エグゼクティブマネージャー」は、会社の執行役を指す。エグゼクティブマネージャーの代わりに「シニアマネジメント」という語が使われる場合もある。

「エグゼクティブサマリー」は、事業計画書内のビジネスプランの重要ポイントをまとめたものである。

シンクタンク

英語:think tank

シンクタンクとは、さまざまな分野の専門家を集め、政策、現状分析、開発など高度な研究を行う組織のことである。シンクタンクという語は、英語で「考える」「思う」を意味する動詞think、そして「(水やガスなどを貯蔵する)タンク」を意味する名詞tankが組み合わさってできた語である。日本語では頭脳集団(ずのうしゅうだん)と呼ばれることもある。

シンクタンクの対応領域は非常に幅広く、政治経済をはじめ、金融、科学技術、国際情勢、環境、農業などさまざまであり、依頼者も政府から一般企業まで多岐にわたる。世界で最も古いシンクタンクはイギリス・ロンドンに本部を構える英国王立防衛安全保障研究所、通称RUSI(The Royal United Services Institute for Defence and Security Studies)であり、1831年に創設された。日本においては、1965年4月に創設された野村総合研究所、通称NRI(Nomura Research Institute, Ltd.)が本格的なシンクタンクの始まりだとされている。

シンクタンクの類語としては「コンサルティングファーム」が挙げられる。いずれも依頼者に提案・助言するという点では同じだが、シンクタンクが調査や研究、分析などを行うことを主な業務とするのに対し、コンサルティングファームは依頼者の経営上の課題を解決し実行までの支援をすることを主な業務としている点で異なる。しかし、近年ではコンサルティングファームが行うようなコンサルティング業務をシンクタンクが行うこともあり、明確な違いはなくなってきている。

例文:

  • シンクタンクの研究員に企業戦略についての助言を求める。
  • 4月から民間シンクタンクで働くことになった。

「民間シンクタンク」は、銀行や証券会社、商社といった大企業のグループ会社が運営するシンクタンクで、経営課題・戦略に関する提案や助言などから企業をサポートする。これに対して、政府系のシンクタンクは主に政策の立案や提言を行う。

通信

読み方:つうしん

通信とは、何らかの方法によって他者に自分の考え・様子や情報などを伝えることである。通信という語は「信を通じる」、すなわち「信(=便り、合図)を交わす」という意味であると解釈できる。

現代においては、通信という語は電話やインターネットをはじめとする有線・無線の電気通信を指す意味で使われることが多い。人間の聴覚や視覚に頼って行われる伝言、警報、手旗、光など、そして郵便や伝書鳩も通信の形態の1つである。

通信の類語としては「伝達」「連絡」「消息」「通知」「報道」「コミュニケーション」などが挙げられる。「伝達」や「連絡」は、誰かとつながりを持ち、何かを伝えるという点では「通信」と同じであるが、「伝達」は主に意思や命令、「連絡」は単にある事柄を伝える意味合いが強いという点で「通信」とはやや異なる。また、「通信」は電気通信のニュアンスが強いが、「伝達」「連絡」は口頭・文書で行われることが多い。

「通信機器」は、通信衛星、固定電話や携帯電話、ルーターなど、電気通信を行うために用いる機器のことである。

「通信回線」は、コンピューター間でデータの送受信をするときなど、有線・無線にかかわらずデータの経路となるものである。

例文:

  • 地震による大規模な通信障害が発生し、混乱状態となった。
  • 人里離れた山奥では、通信手段が限られる。



坂東太郎

読み方:ばんどうたろう

坂東太郎とは、利根川(とねがわ)の異名である。

利根川は新潟県南魚沼市の大水上山(おおみなかみやま)を水源とする全長322キロメートルの一級河川である。利根川は関東地方を北から東に流れ、千葉県銚子市を河口とし、その長さは上越新幹線の東京~新潟間とほぼ同じ距離になる。

坂東太郎の「坂東」とは、相模国の足柄山・箱根山以東を指し、現在の「関東」にあたる。「太郎」とは長男につける名前の代表である。利根川は坂東(関東)にある日本一の川(長男)といった意味合いで「坂東太郎」と名付けられた。

利根川は日本三大暴れ川の1つとされる。暴れ川とは、洪水などの水害が多い川のこと。日本三大暴れ川の残り2つは、熊本県の阿蘇山を水源とする筑後川と、高知県と徳島県を流れる吉野川で、それぞれ「筑紫次郎(筑後川)」「四国三郎(吉野川)」という異名がある。

国土交通省利根川上流河川事務所のウェブサイトによれば、利根川は万葉集にも詠まれた大河とされており、利根川の「トネ」がアイヌ語の「トンナイ(広くて大きい川)」に由来する説もあるなど、利根川が古くから親しまれている川であることが推察できる。

関連サイト:利根川の紹介(利根川上流河川事務所ホーム)

ドS

読み方:ドエス
別名:どS

ドSとは、加虐嗜好が行き過ぎていること、またはそのような言動が日常的に見られる人のことである。

ドSの「ド」の由来は諸説ある。大阪や名古屋で用いられる接頭語の「ど」(例:どアホ、どえらい)、歌舞伎や浄瑠璃で用いられる罵り言葉の「どう」から変化した「ど」、度量衡の「度」を用いて程度を表すとした「ど」、1906年建造ドレッドノート戦艦の「ド」(超ド級:基準を大幅に超えているといった意味合い)などがあるが、「ドレッドノート戦艦説」については、1906年以前の文献にも強調の接頭語「ど」を用いた記述が見られることから否定できる。

ドSの「S」はサディスト(英:sadist)の頭文字である。サディストとは、加虐行為により相手に苦痛を与えることで興奮を覚える傾向にある人のことである。

このことから「ドS」とは、「行き過ぎた加虐嗜好の人」といった意味合いで用いられる言葉と言える。現在では性癖といった本来の意味合い以外に、「人を責め立てて喜ぶ性格の人」といったニュアンスで用いられることもある。

一般的に「ドS」と言われる人は、他者を責めたり痛めつけたりするのは好きだが、自分が責められることは好まないため、自分の弱みを隠す傾向にある。また、感情が表に出やすく、他者からリードされたり仕切られたりするのを嫌うといった特徴も見られる。

  • 彼女は草食系男子よりもドS男子が好みらしい。
  • あの人、ドSなように見えて結構Mっ気あるよね。

ドSと似た意味合いの「サディズム」は加虐性欲のことであるが、虐げる対象には動物なども含まれ、精神的に異常な状態であることを示す場合もある。

ドSと対極的な意味を持つ「ドM」の「M」はマゾヒスト(英:masochist )の頭文字である。マゾヒストとは精神や肉体に苦痛を与えられることに快感を覚える被虐嗜好の人を指す。ドSと同様に、ドMも本来の「性的嗜好」といった意味合い以外に「自分を追い込むのが好きな性格」といった意味合いで用いられることもある。