2020年2月6日木曜日

ダイバーシティ

英語:diversity
別名:ダイバシティ
別名:ダイバシティー
別名:ダイバーシティー

ダイバーシティとは

ダイバーシティ(英:diversity)とは、ビジネス・経営・人事といった話題において「雇用する人材の《多様性》を確保する」という概念や指針を指す意味で用いられる語。ダイバーシティは、単に「多様性」と訳されることも多々ある。

「ダイバーシティ」の考え方の土台には、個人の多様性――たとえば民族・文化・価値観・ライフスタイルなどのような――個性の違いを積極的に肯定・尊重し、人材として組織の中に受け入れることで、偏見や差別の意識に囚われずに、平等に均等に、雇用機会や待遇を提供する、という理念がある。また、そうした《マイノリティへの配慮》という社会的な意義に留まらず、組織内に多種多様な意見・見解・視点を持つ人材がおり、各人が適材適所で実力を発揮することで、柔軟な創造的な企業活動の実現が期待できる、という実利的な意義も見出される。この社会的な意義と実利的な意義の両側面において、「ダイバーシティ」は現代の企業経営において看過できない重要な指針と位置づけられ、推進されている。

この「ダイバーシティ」の概念は、欧米(英語圏)では一般的に「Diversity and Inclusion」(D&I)という呼び名で扱われている。その意味では「ダイバーシティ」は「ダイバーシティ・アンド・インクルージョン」の略とも捉えられる。

「ダイバーシティ」と「インクルージョン」の意味と違い

「ダイバーシティ」という言葉そのものは、英語の名詞「diversity」をカタカナ書きした外来語表現である。この diversity は、diverse(様々な / 諸々の) という形容詞に接尾辞 ‐ity が付いて抽象名詞化された語彙である。単語だけ和訳する場合は大抵「多様性」と訳されるが、熟語としては「a diversity of languages(さまざまな言語)」とか「a diversity of opinion(多種多様な見解)」のように色々な表現に訳せる。

同じく「インクルージョン」は英語の名詞「inclusion」に由来する外来語であり、おおむね「包含-すること」と訳される。inclusion は動詞 include(含む)に接尾辞がついた抽象名詞である。

「Diversity and Inclusion」を素朴に直訳するなら、「多様性と包含」といったところである。 

「ダイバーシティ」と「インクルージョン」の違いは、着眼点が「多種多様であること」に留まる(ダイバーシティ)か、それを踏まえて「多種多様な個性が(同じ組織に)含まれている」(インクルージョン)ことまで見越すか、という点にあると言える。「インクルージョン」は「ダイバーシティ」を前提しつつ人材の活用にも目を向けている考え方であり、その意味でダイバーシティに取って代わる概念である。とはいえ「ダイバーシティ」の概念を前提にしないと意味不明でもある。そして、日本語における「ダイバーシティ」は、ダイバーシティとインクルージョンの両方の要素を兼ねた概念として扱われている。

ダイバーシティ経営とは

ダイバーシティ経営とは、簡単にいうと「多様な人材が適材適所で能力を発揮することにより創造的な成果につなげていく」ということであり、つまり「ダイバーシティの考え方を理想的に実現する経営」ということである。

日本では経済産業省が「少子高齢化社会における人材確保」と「多様化する市場ニーズやリスクへの対応力の強化」という観点から「ダイバーシティ」および「ダイバーシティ経営」の充実に力を入れている。

欧米のダイバーシティ(D&I)は、人種・民族・宗教の違いによるマイノリティ排除の是正が大きな使命となっているが、日本では人種・民族・宗教の違いによるマイノリティ排除という問題はさほど大きくなく、むしろ性別・年齢・学歴・国籍といった要素が是正対象として主に扱われる。性的指向(いわゆるLGBT)も大きな要素である。