2020年7月17日金曜日

青天の霹靂

別名:晴天の霹靂

「青天の霹靂」とは、突然発生する事件や出来事を意味する表現。「せいてんのへきれき」と読む。「霹靂」は、雷や激しい音のことを指す。晴れた日の青い空にいきなり雷が鳴り響くさまを、唐突さの喩えに用いている。いかにもことわざのようだが「青天の霹靂」はことわざではない。中国の古典に由来する故事成語である。

英語には a bolt out of the blue あるいは a bolt from the blue のような言い回しがある。これは「青空から落ちてくる雷」で唐突さを喩えた表現であり、ほぼ「青天の霹靂」と趣旨が一致している。

「青天の霹靂」の類語には、「寝耳に水」や「藪から棒」などがある。「寝耳に水」は、寝ている最中に突然、濁流となった川の流水の音が聞こえる様子が由来になっている(就寝中に耳の穴に水が入ってきてビックリするというような意味ではない)。「藪から棒」は、藪のなかからいきなり棒を突き出すような、相手を驚かせる唐突な行動を指す。