2020年7月21日火曜日

貧すれば鈍する

読み方:ひんすればどんする
別名:貧すれば鈍す
別名:貧すりゃ鈍する
別名:貧すりゃ鈍す

貧すれば鈍するとは、貧すれば鈍するの意味

貧すれば鈍するとは、頭の回転が早く賢い人でも、生活が貧しくなってしまい金銭的な余裕を失ってしまうと心までもが貧しくなり判断力が鈍ったり知恵が衰えたりするなど、愚かな人間になってしまうという意味である。

貧すれば鈍するの語源である「貧する」とは貧乏という意味で、「鈍する」とは思考能力が鈍くなるという意味である。 由来は、どんなに才能や人望がある人でも貧乏になると愚かで馬鹿な行動をする人になり得るという教えである。英語表現は、 poverty dulls the wit. である。

貧すれば鈍するの類語、対義語

貧すれば鈍するの類語として、「窮すれば鈍する」や、仕返しようと思う敵に対しても、自分の生活状況が苦しくなり余裕を失ってしまうとその相手から金銭を奪うという意味である、「仇の金でもあれば使う」等が挙げられる。

貧すれば鈍するの対義語は、貧乏になり生活が苦しくなってしまってもその状況を楽しく過ごす為に前向きに考え行動するという意味である、「貧にして楽しむ」という言葉が挙げられる。

貧すれば鈍するの例文、使い方


  • 彼は宝くじで高額当選し大富豪になったが、お金を盗まれてしまい気が狂ってしまった。今までの温厚な彼の姿はもう見られない、貧すれば鈍するということはこの事である
  • 才能ある彼女は、会社をリストラされてしまい、今では家に引きこもってニートになってしまった、まさに貧すれば鈍するということである。