2020年8月18日火曜日

大義名分

読み方:たいぎめいぶん

大義名分とは、大義名分の意味

大義名分とは、行動の根拠や口実を意味する四字熟語である。大義名分の「大義」には人として守るべき事柄、 重要な意義という意味がある。また、「名分」には立場、身分に応じて守らなければならない正しい道という意味がある。すなわち、「守るべき正しい道」を表す語である。

大義名分の語は、元々は儒教に由来する孔子の言葉で、主君への忠誠を重んじる言葉だった。王への敬意を表し、臣下としての守るべき節度やふるまいを表していた。今も残る、正しい道を歩むという意味に繋がっている。

英語では、原因を表す cause や正当な理由を表す good reason などが当てはまる。

大義名分の類語

大義名分の類語には、行動の根拠や口実を意味する「名目」「建前」などが挙げられる。例文としては「お見舞いという名目で都心に買い物に行く」のような使い方をする。また、守るべき正しい道を意味する「正義」「モラル」も類語として挙げることができる。例文は、「道端にたばこを捨てるなど人としてのモラルがなっていない」となる。

大義名分の例文


  • 家族の体調不良を大義名分に仕事を早退する
  • 家業を継ぐといえば退職の大義名分が立つ


大義名分の語は、上記のように建前という意味合いで使われたり、正当な理由という意味合いで使われることがある。大義名分は使い方によっては、良い意味にも悪い意味にもなる。表現によっては、言い逃れをしようとしている、言い訳をしているようにとられることもある。