2020年9月8日火曜日

デカップリング

英語:decoupling

デカップリング(decoupling)とは、英語で「分離」「切り離し」を意味する表現。とりわけ政治・経済の分野において、いわゆる「切っても切れない」ような親密・緊密・密接な関係を、解消して非連動的なものにすること。

2020年半ば現在、「デカップリング」は、もっぱら「米国経済と中国経済の緊密な関係の解消・希薄化」を指す語として用いられている。

米国によるデカップリングの動向は、通信の分野を筆頭に、たとえばスマホ大手ファーウェイ(華為技術)を米国のスマホおよび5Gの市場から排除したり、動画アプリ「TikTok」の使用を禁じたりといった形で実施されつつある。

デカップリングは de-coupl(e)-ing という構成の単語である。語根(語幹)である「couple」は、動詞としては「連結する」「2つを1つの対にしてつなぐ」といった意味合いがある。「de-」は「分離」「除去」「否定」といった打ち消しの意味を付与する接頭辞。「-ing」は動詞を動名詞にする接尾辞である。大雑把に言ってしまうと decoupling は「カップリングの解消」である。

「デカップリング」という言葉が具体的に《何と何との分離》を指すのかは、時代や文脈に応じて違ってくるが、政治経済の分野では「米国経済と世界経済の分離」を指す場合が多い。環境の分野では「経済成長とエネルギー消費量の増大の比例的関係の解消」を指してデカップリングという場合が多い。