2022年1月24日月曜日

意思と意志の違い

私たちは意識的、無意識的にも日々様々な決定や判断をしています。そこで問われるのが「意思」や「意志」です。やや硬い表現のときに使われる言葉ですが、どちらも心や考えを表す言葉で読みが同じため、違いを意識せず使っていたり、どちらを使うか迷ったりするかもしれません。二つを意識して使い分けることで、より適切な表現が可能になります。

「意思」「意志」の違い・概要

意思と意志は同音異義語ですが、どちらも心の「何かをしようとする考え」を示します。この二つの違いは「意思」は内的な心の意向、「意志」はより強く心が何かを目指している様子を表します。日常やビジネスで使われしばしば混同されやすいものの、法律用語では法的な効果を生じさせようとする意欲として「意思」を用い、心理学や哲学では「意志」が用いられます。

「意思」「意志」の意味・読み方は?

「意思」の意味は「考え」や「思い」で、行動や選択をする際の元となる内的な心の動きです。「意志」は目標を定めた心の様子を意味します。「意思」「意志」ともに読みは「いし」です。どちらの語にも使われている「意」は、一文字で「心」や「気持ち」を示す漢字です。これにどちらも「し」と読む「思」と「志」が続きます。漢字の成分としては「意」「思」「志」どれも部首に「こころ」がはいっていて、いずれも一文字で心そのものや心の動きを表します。

「思」は心や心の中の様子で、考えがどういった方向に向いているかやその強さはこの一文字だけからは表現されません。「意思」はあらゆる可能な行動や選択をする出発点になる心の動きで、その気持ちの方向がどこをむいているかは様々です。「意思があるかないか」は、行動を起こしたり、その選択をする気持ちや意識があるかないかということになります。「本人の意思を問う」ことは気持ちの方向を本人に聞くことを意味します。

「志」は一文字で「こころざし」と読み、行動の方向を定めた心の様子を表します。意欲や強い動機を伴った決断は「志」で表現されます。目標や人生の目的を定め、具体的な行動を起こそうとする様子も表します。「意志」は目標の実現に時間がかかるものへの、時に努力や労力を必要とすることを自覚しながらの決断です。そのため、その心の強弱や確かさを問われることがしばしばあります。

「意思」「意志」の使い方、使い分けは?

「意思」と「意志」は、どういう方向を選択するかを問う「意思」と、目標やある方針を実現する気持ちを問う「意志」で使い分けます。また、それぞれ用いる分野が分かれています。法律に関わる分野では「意思」を、心理学や哲学では「意志」を使います。たとえば、金融商品やサービスを購入する行動には「意思」を用います。契約するときの「この内容でいいですか?」というやり取りは「意思確認」という法律用語で、後のトラブル防止のために契約内容に同意し契約する意思の有無を明らかにするものです。後の結果までを踏まえて判断する能力を「意思能力」といいます。刑法では犯罪を犯した人が自分の行動にたいしてどういう認識をしていたのかを問う場面で「意思」を使い、「意志」は用いません。

哲学分野で「意志」は古くから大きな論点でした。何の制約や外的影響も受けない本人の自発的な心の決定を「自由意志」といいます。この場合の「いし」は「意志」を用います。「自由意志は存在するか」という問いには、心理学や物理学、脳科学も関連し、この話題には「意志」を用います。「意思」は日常の大小様々な決定や選択、判断に関連して使われます。この様々な「意思」がからみあい、大きな決定や変化を形成していきます。意思決定に関わる心理学は、社会や経済分野でも関心事であり、そういった話題では「意思」が使われます。

「意思表示する」は自分の気持ちや意向を相手に伝えることです。「意思」は心の中の動きにとどまっているので、それがどういった動きかを他者に知ってもらうには、何らかの形で表現する必要があります。それに対して「意志」はより積極的な行動に現れるもので、本人の行動や選択から、その人の「意志」をうかがい知ることができます。また、その気持ちの強さを「意志が弱い」や「意志が強い」または「意志が固い」と表現します。「意志を貫く」は決めたことをやり遂げることです。

「意思」「意志」の用例・例文

臓器提供意思表示カード、運転免許証、健康保険証には「以下の欄に記入して臓器提供に関する意志を表示することができます」と表記されています。選択肢のいずれかを選ぶことで考えを表すものです。医療では適切な情報の開示や支援のもと「患者の意思を尊重する」ことが大切とされます。会社組織などでは集団で議論やコミュニケーションのもと方針を決定する場面があります。上手くいかないときは「わが社の意思決定プロセスを見直す必要がある」といった提案も時に必要でしょう。コミュニケーションが成り立たない、お互いの考えが相手に伝わらないことを「意思疎通ができない」と表現します。

壮行式やプロジェクト発表の場面で「強い意志を持って挑みます」と言えば、具体的な行動や努力をすることを、聞いた人は期待します。また、事を成すには継続も必要なので、「強い意志」はやる気の持続も示します。強い意志を宣言することは、自分へプレッシャーを強める行為でもあります。これを相手に期待することは、相手に発破をかけることになります。対して、成し遂げられない弱い精神を「意志薄弱で続かない」などとと言います。