2020年10月13日火曜日

イニシアチブ

英語:initiative

イニシアチブとは、イニシアチブの意味

イニシアチブとは、主導権、率先して物事をある方向へと導く力、戦略を意味する。わかりやすく言うと、自分がリーダーとなり物事を進めていくことである。

イニシアチブという語は英語の initiative から取られたカタカナ語である。英語の initiative には主導権の他、構想、やる気、計画という意味がある。積極的な意味をこめて使われることが多く、日本語で訳される主導権とはニュアンスが異なる。日本語で主導権とは相手より自分の方が立場が上であることを示すことが多い。英語で使われる initiative には協力するために自分が率先するというポジティブな感情が込められている。英語で自分の立場が上であることを示す言葉を使う場合は control を用いて表現することが多い。

日本においてイニシアチブという語はビジネスシーンで使われることが主である。ビジネスにおいて、特に営業職ではイニシアチブが取れることが重要視される。イニシアチブが取れる人は自分のことだけでなく、相手の視点になって仕事をこなす。また、人に頼ることも得意で仕事を人に割り振ることも得意とする。できないことはできないとはっきりと人に伝えることができる。その結果、仕事が手一杯になることがなくなり、仕事の全体を見ながら作業ができるようになる。日本語で主導権と聞くと、自分本位な人がイメージされがちであるが、イニシアチブが取れる人というのは、相手の気持ちや意図を汲み取りつつ、自分の意見をはっきりと伝え全体が見ることができる人なのである。

イニシアチブの語の使い方や例文

イニシアチブはカタカナ語であり、ビジネス用語でもある。そのため、日常会話で使われることはほぼなく、会議や営業におけるビジネスの重要なシーンで使われることが多い。イニシアチブは名詞のため、「イニシアチブをとる」や「イニシアチブを握る」など、動詞と組み合わせて使う。決して「あの人はイニシアチブだ」という使い方はしない。「イニシアチブをとる」も「イニシアチブを握る」も、どちらも「主導権を握る」という意味として使うことができ、言い回しとして明確な使い分けは無い。例文として挙げると「次の会議では、こちらがイニシアチブをとれるかどうかが会社の今後の立ち位置を左右する。」、「まさかこの業界がイニシアチブを握ることになるとは思いもよらなかった。」という使い方ができる。このように、イニシアチブという語は個人においてもグループ単位においても用いることができる。

イニシアチブとは主導権という意味の他に「リードする、先頭に立って導く」という意味で使われることがある。その場合は「イニシアチブを発揮する」という表現を使うことが多い。「イニシアチブを発揮することができれば、営業成績ももっとのびるかもしれない。」という風である。主導権を握るという意味合いで用いられる場合は自分と相手との間に力関係が存在するが、リードするという意味で用いる場合は人との関係は含まれない。よって、リードすると言う意味での用い方が英語の initiative に最も近いものとなる。

イニシアチブの語の類語

イニシアチブの類語にはリーダーシップ、統率力、指揮などがある。「リーダーシップ」にも組織を率いるという意味がある。イニシアチブは組織の中でもトップの人に求められるものであるのに対し、リーダーシップは多くの人が身に着ける必要のある素質である。イニシアチブは行動を指すことが多いが、リーダーシップは能力のことを指すという点でも違いがある。「統率力」にもグループをまとめ率いるという意味がある。統率力はビジネスにおいて同じ目的を有する人に対して用いられる。イニシアチブには自分とは違う意見を持っている人に対し、自分の意見を取り入れさせるという意味合いが含まれるので、使い分け方に明確な差がある。統率力は営業部長やプロジェクトマネージャーなど組織内のチームのトップに立つ人に求められる能力である。「指揮」は、組織を導いてまとめるという点では同じであるが、人を指導して動かすという意味が含まれる。イニシアチブには指導するという考えが含まれることはない。どれも明確な使い分けが存在するが、ビジネスシーンでよく耳にする言葉であるため、明確な違いを理解しておくことが重要である。

ちなみに、イニシアチブとイニシアティブの違いはなく、全く同じ意味で使われる。どちらが正解でどちらが間違いということは無く、どちらを使っても良い。イニシアティブの方がより英語の発音に近い。外国籍の人が多い職場ならばイニシアティブの方が聞き取りやすい可能性がある。

ビジネス分野以外におけるイニシアチブの語義

イニシアチブという語は、一般的に浸透している言葉ではなく、日常的にイニシアチブという語を使う人は少ないと言えるが、まれにビジネス以外でも用いられることがある。主導権を持つという意味で、家庭で使われる場合がある。「うちの家庭では、夫が(妻が)イニシアチブをとっている」という風に使う。この使い方はカタカナ語として日本人だけが使う表現であり、英語圏の人には意味が伝わることはない。これには文化の違いが関係しているものと思われる。日本においては亭主関白という言葉が存在するように、家庭内において上下関係をはっきりさせる傾向にあるようである。英語圏の人に多いのはレディーファーストのような、相手を立てる文化が浸透している。

他の使い方として、スポーツや遊びで使われることもある。優勢に立っている側が「イニシアチブを握っている」という使い方をする。イニシアチブを握れる人を育てることを目的としたゲームのことをイニシアチブゲームと呼ぶ。イニシアチブゲームとは少人数のチームに分かれて、それぞれの能力と力を合わせて設定された課題や障害を解決していくゲームである。子どもは遊びやスポーツ、勉強など、様々な経験を通して自分の中にある能力を引き出していく。イニシアチブゲームによってリーダーシップを育てるとともに、チームワーク、知恵も共に培われるので注目されつつある。大人であっても、コミュニケーション能力が不足しがちな新入社員の社員研修で行われることもある。